Ceratosaurus
(セラトサウルス)



グループ名 CERATOSAURUS
CERATOSAURUS
CERATOSAURUS
CERATOSAURUS
生命力 小型のものでも12000, 大型は23000。 移動力 72
攻撃力 5475 得られるEXP 670
防禦力 小型のもので830(側面580、後部290。但し、大型はこれを数倍上回る)。
出現数 4〜9
攻撃方法 巨体で体当りを行い、短い手で裂き、足でふみつぶす。
鎧タイプ ブ厚い鋼鉄のような皮フは、剣類では傷をつける事も難しい。
知力 本能のみが存在する。
使用魔法 火を自由に操り、Fireに相当する魔法を用いる。
魔法効果 火や雷は全く効かなく、水に関するものやCorrosionを用いるのがよいだろう。
所持財宝 不明である。
行動性格 小型のものは獲物をしとめるまで追いつづける。一方大型のものは、一見、退避行動を行うが、魔法で獲物をいためつけ、自分は出来るだけ体力を消耗しないようにしているのである。
特徴 小型でも10フィート以上もの大きな体を持つサラトナウルスは、その体の割に動きが早い。それが火の魔法を使えるのは、不思議な事であるが、火山地帯でよく見かける事と、何らかの関係があると言われており、火の精サラマンダーと友好的である事にも一因がありそうである。
この巨獣はしかし、あまりにもその生態が知られていない。何を食し、どこで生れ、どこで死ぬのかさえもである。よって大抵の文献に、あまり特徴が述べられていないのも、うなづけるのである。


Warp-Up.